まずはココから抜こう!目的別男性が処理すべきヒゲの箇所

とにかく清潔感を出したいのなら「口の周り」

男性にとって、濃すぎるヒゲは無駄毛以外の何ものでもありません。いち早く処理したいものですが、半永久的な処理をする場合は長期間に及ぶことが大半であるため、まずはどこから重点的に脱毛していけば良いのか決めることが課題になります。まず、見た目的な問題から清潔感を出したいのであれば、「泥棒ヒゲ」とも呼ばれる口の周りを抜いていくのが一番でしょう。口の周りは、実際の見た目よりもはるかにヒゲの本数が多いため、最初から長期にわたって手をつけておいた方が良い部位と言えます。

不精感を解消したいのであれば「頬のヒゲ」

一方で、口の周りはおしゃれヒゲとして残しておきたいという場合、邪魔になってくるのが頬のヒゲです。指摘されるまで気付かない人が多いのですが、頬のヒゲはそこにあるだけで一気に他人に不精感を与えてしまいます。逆に、しっかりと頬のヒゲを処理できていれば、口の周りのヒゲはおしゃれヒゲとして許容されることが多いのです。毛量や毛の生え方と相談しながらになりますが、まず頬のヒゲから脱毛するとそれだけでガラリと印象が良くなる人もいますので、覚えておきましょう。

毎日ヒゲ処理に時間をかけたくないのなら「首のヒゲ」

ヒゲを処理する大きな理由の一つが、「ヒゲの処理に時間を取られたくない」というものです。このような場合は、ヒゲの処理に時間がかかる箇所から脱毛すると良いでしょう。ヒゲの処理に時間がかかる箇所とは、見えにくく、かつ複雑な曲線構造を持ちヒゲの生え方が不規則な所です。最も最有力な候補は、顎の下から首筋にかけてということになります。こうした部位に生えたヒゲを脱毛して上手く取り除くことができれば、日々ヒゲ剃りにかかっていた時間を大幅に短縮することが可能です。

医療脱毛を行うことによって、毛がほとんど生えてこない状態にすることができるので、肌も綺麗になるメリットがあります。

医療脱毛なら池袋を読む
Comments are closed. Posted by: admin on