今日から食べたい!バストアップに効果的な3つの食べ物

大豆製品で大豆イソフラボンを

まずバストアップに大切なのは女性ホルモンを分泌させること。そこで食べたいのが大豆製品です。大豆には大豆イソフラボンという成分が多く含まれています。大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た性質を持っているというのを聞いたことがある女性は多いのではないでしょうか?大豆イソフラボンは乳腺細胞を増やしてくれるので、バストアップ効果が期待できます。またそれだけではなく、生理周期を安定させたりニキビを防いでくれたりと女性に嬉しい効果がたくさん!食べ方としては、納豆・豆腐・豆乳など加工食品でOKなので、お好みの食べ方でどうぞ。

ボロンが豊富なキャベツ

芸能人がキャベツを食べてバストアップに成功したという体験談を聞いたことがある人も多いはず。キャベツには女性ホルモンの分泌を促すボロンという成分が含まれています。ボロンとはホウ素のことで、もともと体内にあるミネラル成分です。ボロンは血液中にある女性ホルモンの量をなんと2倍にもするといわれています。ボロンが女性ホルモンを活発にしてくれることで、乳腺組織に作用しバストアップの効果が期待できるのです。しかし注意点が1つ!ボロンは熱に弱いので、火をつかった調理はNGです。バストアップ効果が欲しいなら生で食べるのがおすすめ。

高タンパク低カロリーな鶏肉

「バストアップには鶏のから揚げが効く」というのもよく言われていますね。鶏肉にはタンパク質が豊富に含まれています。バストアップにはタンパク質とアミノ酸が欠かせません。“タンパク質を摂るだけなら他の肉でもいいのでは?”と思うかもしれませんが、鶏肉は他の牛肉や豚肉に比べてカロリーが低いのもポイントです。タンパク質を摂ろうとしてお肉を沢山食べて、結果的に太ってしまうのは嫌ですよね。鶏肉のササミならカロリーも低く高タンパクなのでおすすめというわけです。ですので、食べ方としてはから揚げよりはサッパリとした茹でや蒸しなどの調理方法がよりおすすめです。どれもすぐに手に入る身近な食べ物ですよね。今日からでも意識して食卓に取り入れ、バストアップを目指しましょう。

胸を大きくするには美容整形以外にも自分でできることもたくさんあります。日々の努力次第で大きくしたりできます。

Comments are closed. Posted by: admin on